• 永代供養に比べて現代社会にマッチしている散骨

    日本の葬送方法は、少子高齢化や地方村落の急激な過疎化などにより墓制に対する考え方が大きく変化して来た結果、現在では散骨や樹木葬などの自然葬、永代供養などを選択する人が増加しています。



    永代供養は、墓地の永代使用料や墓地の永代管理料、墓地の永代供養料、墓石の購入費用、開眼料、納骨費用、遺骨の引取料、入檀料などこれでもかと言う程様々な費用が必要となりますが、散骨は遺骨の粉砕費用やクルーザーなど移動用の乗物のチャーター費用など限られた費用だけで経済的な負担が少ないメリットがあります。しかし、日本よりも散骨に対する考え方が柔軟な海外で散布を行う人達も増加傾向にあり、常夏のハワイの周辺海域や過去に訪れた思い出の地、憧れの世界遺産などでの散布が増えていますが、数百万円かけて宇宙に遺灰を散布する宇宙葬を行う方もいます。

    安心、信頼の散骨に関するアドバイスです。

    日本国内の自然葬に対する認知度は、年々高まり非常に高い水準にありますが、内地での散布は地域周辺の居住者の理解や土地所有者の承諾、散布する地域の自治体への申請及び許諾などを事前に得る必要があります。その為、日本国内では規制の多い内地の山野や河川への散布では無く、遺灰の散布に対する規制が少ない海洋での散骨が数多く行われています。

    エキサイトニュースを求める人にお勧めしたいサイトです。

    又、遺族が故人の思い出の地や故人が愛した土地などを一気に巡るのでは無く、故人との思い出を噛み締める様に数カ月かけて、各地で少しずつ遺灰を散布する散骨旅行も流行ってます。