• 現在の日本の社会に最も適している葬送方法の散骨

    散骨は、現代日本の社会問題とされる少子高齢化や人口の都市集中に起因する墓制の継承者不在問題を抱える高齢者や純粋に自然回帰を希望する人々を中心に増加しています。



    従来の葬儀は、死者の成仏を後押し遺族の悲しみを和らげる重要な役割を担っていましたが、宗教に対する依存度の低下もあり自然に還りたいと考える故人の願いを叶える事で遺族は故人の成仏を後押し、故人の最後の願いを叶えたという事実で遺族の悲しみが和らぐとされています。



    又、1度散布してしまうと回収する事は不可能な事もあり、遺族の大半が遺灰の一部を手元に残す形で行われています。日本国内では、昭和23年に公布された墓地、埋葬等に関する法律墓埋法に従い火葬が常識とされていますが、縄文時代より鳥葬や風葬、土葬と地域及び時代の違いがあれど様々な自然葬が行われており、平安時代には京都の観光名所の清水寺や嵐山の北西部、船岡山公園周辺が風葬地とされ、840年には西院帝が京都市右京区の西嶺上山中に散骨した記録が残されています。

    @niftyニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

    散骨は、高額な墓石や永代供養料、檀家制度に基づく入檀料、永代供養料などの必要が無く、富める者達だけが更に富を得る格差社会のニーズには最も適した葬送方法と言えます。

    散骨は、従来の墓制に疑問を感じている人の多い大都市圏に希望者が多い傾向が見られ、特に高学歴の地方出身者にこの傾向が見られます。
    その為、現在の住まいや故郷の近海よりも、日本で最も美しいとされている沖縄での散骨を希望する人が増えています。

  • 知りたい情報

    • 散骨は、ハワイの海に散布されて立川談志や宮島競艇場に散布された横山やすしなど死後は、何のしがらみの無い自然の大きなサイクルの中に還りたい人を中心に増加しています。又、現在では少子に起因する核家族化や人口の大都市への集中などにより、先祖代々の墓地の継承を断念する人や子世代への負担軽減を望む人なども希望するケースが増えています。...

  • 学ぼう社会の事

    • お葬式のあげ方も、社会の変化、家族の変化に伴い、段々とこぢんまりとした小さな形になってきています。これまでは、お葬式を挙げてお墓を守っていくというのは当たり前のことだったのですが、核家族化してきて子供は都会へと出て行くようになり、これまでのような墓守を期待することが出来なくなってきつつあります。...

  • 社会の特徴紹介

    • 日本の葬送方法は、少子高齢化や地方村落の急激な過疎化などにより墓制に対する考え方が大きく変化して来た結果、現在では散骨や樹木葬などの自然葬、永代供養などを選択する人が増加しています。永代供養は、墓地の永代使用料や墓地の永代管理料、墓地の永代供養料、墓石の購入費用、開眼料、納骨費用、遺骨の引取料、入檀料などこれでもかと言う程様々な費用が必要となりますが、散骨は遺骨の粉砕費用やクルーザーなど移動用の乗物のチャーター費用など限られた費用だけで経済的な負担が少ないメリットがあります。...

  • 知識を増やす

    • 現代のお墓事情はかなり様変わりしているため、田舎へ墓参りに行くというのももしかするとなくなってしまうのかもしれません。お墓の管理をすることができないということで、永代供養などもありますが、散骨という方法についても注目が集まりつつあります。...