• 散骨はどうやったらできるのか

    現代のお墓事情はかなり様変わりしているため、田舎へ墓参りに行くというのももしかするとなくなってしまうのかもしれません。お墓の管理をすることができないということで、永代供養などもありますが、散骨という方法についても注目が集まりつつあります。
    文字通り散骨は、骨を粉にしてしまい、空中や土、海などに撒くという埋葬方法です。

    現在ではまだ確固たる法律もないのですが、一部自治体によっては散骨の許可を得なくてはいけません。


    ですが、多くの家族がこの手法を望むのには、いろいろな事情があります。

    個人でも行う事は出来るのですが、きちんと粉末状にした上でマナーを守って行う必要があります。

    周囲からそれをしていると見えないように骨壷などを使わないことや、喪服などを着用しないなども配慮のうちとなります。
    また、埋葬場所として海を利用する場合には、海水浴場や漁業区域などは避けるようにするなども考えなくてはいけません。

    山で行う場合には、民家などがないかどうかを確かめたりするなど、周辺への配慮を怠りなくしなくてはいけないのです。法律上で明確にされていないため、現状は個人や各業者の中でのルールやマナーに沿って散骨が行われているのが現状です。



    どんな風にすれば迷惑をかけずに故人を見送る事ができるのか、生前のうちにしっかりと相談しておくことも重要になってくるでしょう。

    散骨に関する情報が満載のサイトです。

    葬式の一つとして、散骨というやり方もあるのだと覚えておけば気持ちも楽になるのではないでしょうか。

    評価の高いロケットニュース24の情報探しをお手伝い致します。