• 故人の希望に合わせて多様化する散骨

    散骨は、ハワイの海に散布されて立川談志や宮島競艇場に散布された横山やすしなど死後は、何のしがらみの無い自然の大きなサイクルの中に還りたい人を中心に増加しています。
    又、現在では少子に起因する核家族化や人口の大都市への集中などにより、先祖代々の墓地の継承を断念する人や子世代への負担軽減を望む人なども希望するケースが増えています。
    特に子供のいない夫婦や信仰する宗教が無い人、家族構成における長男以外の希望者が多く、更に高学歴になるほど希望者の比率が高くなっています。

    散骨の情報はここで調べよう。

    日本人の死生観は、医療機関で亡くなる事が大半を占める現在と自宅で亡くなる事が多かった時代では大きく異なり人間の死を忌み嫌う事象と捉える事が少なく、死を新しい旅立ちと考える人が増えているのも散骨増加の一因と言えます。連綿と継承されて来た葬送や埋葬の慣習は、現代日本の家族構成や経済状況、死生観には合わなくなっているとされています。

    人気なReutersについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

    散骨場所も、死生観や家族愛の形が変化した事で死後も家族の近くと考える人が減少傾向にあり、故人の思い入れが強い場所での散布が非常に多くなっています。国内の海や山だけで無く、憧れの世界遺産や海外旅行で訪れた思い出の地など非常に多種多様となっています。
    散骨を望む人の中には、近年発見された大和型戦艦武蔵の沈んでいる海域や小型ロケットによる大気圏外など死後も夢を追い求める散布が行われ、散骨が故人の希望に合わせて多様化しています。