• 散骨とはどのようなスタイルなのか

    お葬式のあげ方も、社会の変化、家族の変化に伴い、段々とこぢんまりとした小さな形になってきています。
    これまでは、お葬式を挙げてお墓を守っていくというのは当たり前のことだったのですが、核家族化してきて子供は都会へと出て行くようになり、これまでのような墓守を期待することが出来なくなってきつつあります。

    @niftyニュースの詳細情報となります。

    そのため、お墓の事を気にせず子供たちに過ごしてもらえるようにということで、散骨にも注目が集まりつつあります。その名の通り、お墓を守るのではなくて、骨を粉のように細かくした後に撒くというスタイルです。
    そのため何も残らないですが、子供たちに「お墓をどうしたらいいのだろう」と悩ませる事は少なからずなくなります。


    ただし、散骨と言っても一般の人が行おうとするとやはり緊張するものです。

    また、法律がどうなっているのかというような事も気になるでしょう。

    現時点ではまだ細かく決められている訳ではないので、グレー部分ではありますが、公的機関に許可を得なくても行う事はできます。



    ただし、私有地の場合にはその持ち主に許可を得る必要はありますので、好き勝手に出来ると考えるのは止めた方が良いでしょう。



    まだ散骨も少しずつ知られつつある葬式の形態ですから、自分でやるよりは業者に依頼する事も検討してみてもいいでしょう。

    死後も苦労をかけたくないという親心、そして子供の側でも親に対して最後に出来る高校として散骨を選択するのも時代の流れなのかもしれません。